ブレインスリープピロー寿命・耐用年数は長いのかについて

まずはブレインスリープピロー寿命・耐用年数は長いのかについてお伝えします。

レビューを調べるとそこまで長く持つわけではなさそう…
ブレインスリープピロー寿命は長いタイプか調べてみました。

すると、Yahoo!知恵袋には以下の様な質問がありました。

ブレインスリープピローはそこまで耐久年数があるわけではない

これを見ると、そこまでブレインスリープピローは耐久性が高くないかもしれませんね(^^;)

ただ、耐用年数がそこまで長くないという口コミは、チェックしてみたところこの疑問のみでした。

本人のスタイル、使い方やお手入れの方法によっても、マットレスの寿命はかわりますから、簡単には言えません。

 

なぜなら、低反発マットレスの寿命は素材の品質により一変するからです。

また、テンピュールマットレスには、お直し性が高い素材が扱われているため、寿命が長く活用できてす。

ちなみに、安価なマットレスであれば、2,3年で劣化してしまいます。

そのため、同じマットレスを長く使いたいのであれば、テンピュールマットレスをオススメします。

保証期間は長い!
ブレインスリープピロー保証期間は長いです。

だから、これを考えると寿命の長さは楽しみにいいとも言えます。

ちなみにブレインスリープピローは、確証が2?15年となっています。

一番安いタイプのマットレスであるフトンシンプルやフトンベーシックは2年間、20万円オーバーするベッドマットレスは15年す。

だから、ブレインスリープピローは価格に応じて保証期間も長くなっています。

ベッドマットレスについては15年間もの保証が付いているので、安心して活用できますね。

ただ、このテンピュールの保証としては、明確に2cm以上の凹みがなければ新しいのに交換してもらえません(^^;)

そのようなことを考えると、ある程度へこんだだけでは交換してくれないのが辛いです。

しかし、テンピュールの保証期間がこれだけ長いことを考えると、素材も寿命の長いものが使われていると考えていいかもしれません。

安いものであれば2年、高いマットレスであれば10年くらい使えると考えていいかもしれませんね。

テンピュールの低反発素材は耐用年数が短い?
ちなみにですが、一般的に低反発素材は耐用年数が低く、寿命はそこまで長くないと言われています。

そして、テンピュールな低反発素材が使われている枕になります。

なぜ低反発素材は寿命がそこまで長くないかというと、それはお直し力がそこまで高くないからです。

高反発素材であれば、手でしまい込んでもポーン!と元に戻ります。

しかし、低反発素材だと、一度手でいっぱいにするとマットレスに手が沈んだままになって、もとに戻りにくいのです。

もちろんテンピュールが新品の時は復元力もある程度あるので大丈夫ですが、年数とともにへたったことに従ってなることな多くなってきます(^^;)

というわけで、そこまでブレインスリープピローを一個人としてはオススメしていません。

以下の記事では

熟睡できるか
疲れがとれるか
肩こりや腰痛に良いか
コスパはいいか
などを基準にして、マットレスのおすすめランキングを考えています。

お目当ての方は読んで見るといいでしょう。

テンピュールマットレスを切り替えるタイミング!

 

凹みがある
寝苦しさが出る
カビの浮上
これからは、それぞれのタイミングについて詳しくアドバイスしていきます。

凹みがある
テンピュールマットレスに凹みが見られたら、一新ましょう。

なぜなら、テンピュールマットレスに凹みが出始めれば、腰痛になり兼ねないからです。

腰痛になると、身体が痛くてうまく寝付けないことがあります。

また、テンピュールマットレスの凹みは、腰だけでなく、頭や肩、お尻など身体のかなりの部位に支障をきたします。

「なぜかテンピュールマットレスがくぼんでいるようにも感じる」

このようにテンピュールマットレスに凹みを感じれば、すぐに買い換えましょう。

寝苦しさを感じる
寝苦しさを感じるときは、テンピュールマットレスをリニューアルするタイミングです。

なぜなら、寝苦しさを感じスタートすると安眠することができないため、寝不足になってしまうかもしれないのでです。

「テンピュールマットレスで寝ると寝苦しさを感じる」

このようにテンピュールマットレスに寝苦しさを感じれば、すぐにチェンジましょう。

カビの発生
テンピュールマットレスにカビが発生したときは、すぐに買い替えましょう。

なぜなら、カビをスルーしてしまうと、アレルギーや嘆息につながり兼ねないからです。

また、カビはテンピュールの保証対象外それがあるので、交換できません。

そのため、テンピュールマットレスにカビが見られたらすぐに交換ましょう。

テンピュールの枕は耐久性高い?
テンピュールの枕の寿命について調べてみると、ツイッターでは以下のようになっていました。

テンピュールの枕の寿命について

このツイートを見ると、テンピュールの枕は3年くらいは使えると考えてよいかもしれまさん。

実際にテンピュールの枕の保証期間が3年くらいだったりします。

ただ、へたってきたな?と思ったらすぐに使うのはやめたほうがいいです(^^;)

このツイートをした方のように、へたったままの枕を使うと、肩や腰が痛くなったりしてしまいます。

というわけで、テンピュールの枕がへたってきたと思ったら、他のものに買い換えることをおすすめします。

寿命が短くても利用すべき!ブレインスリープピローを利用するメリット

先ほど、ブレインスリープピローの寿命は3年ほどしかないと紹介しました。

しかし、ブレインスリープピローには、寿命が短くても利用すべきメリットがあるのです。

ブレインスリープピローを利用するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

寝心地が良い
さまざまな形の枕がある
肩こりが回復しやすい
これからは、それぞれのメリットについて、紹介していきます。

寝心地が良い
ブレインスリープピローの最大のメリットは、寝心地が申し分ないことです。

なぜなら、ブレインスリープピローは低反発素材でセットされているからです。

そのためブレインスリープピローを愛用している人からは、適度な沈み具合と首元から優しくくるむ感触が良いと歓喜の声を得ています。

このようにブレインスリープピローは寝心地が良いメリットがあるのです。

さまざまな形の枕がある
ブレインスリープピローを使うメリットとして、さまざまな形の枕があることが挙げられます。

なぜなら、自分の寝方が期待する枕を選べることでより快適な睡眠ができるからです。

例えば、ブレインスリープピローには、仰向け、うつ伏せなどひとつひとつの寝方に適した枕が開発されてきています。

それだけではなく、ブレインスリープピローには、枕の高さも選定することができるのです。

そのため、さまざまな形の枕に決定することができるのはメリットと言えるでしょう。

肩こりが改善しやすい
ブレインスリープピローを使うメリットとして、肩こりが快復しやすいことが挙げられます。

なぜなら、ブレインスリープピローは、多くの医療現場やホテルで用いられるほど高品質にお手を煩わせない素材で作られているからです。

また、確かにブレインスリープピローを使ったことで、頭痛や肩こりが向上したといった口コミもいくつか見られます。

そのため、肩こりや頭痛に苦悩している人は、ブレインスリープピローを使ってみてください。

少なからず存在するブレインスリープピローを利用するデメリット

先ほど、ブレインスリープピローを使用するメリットを紹介しました。

しかし、ブレインスリープピローには、いくぶんデメリットもあるのです。

ブレインスリープピローしたことでデメリットとして、以下の2つが挙げられます。

洗濯ができない
寝返りが打ちにくい
これからは、それぞれのデメリットについて紹介していきます。

洗濯ができない
ブレインスリープピロー一番のデメリットが、洗濯ができないことです。

なぜなら、ブレインスリープピローが洗濯できなければ、衛生現実を保てなくなるからです。

就寝時は、誰しも汗をかくことがあるでしょう。

そのため、洗濯ができないことは衛生上良くないと考えられます。

そこで、オススメのブレインスリープピローのアフター方法を1つ紹介します。

最適なお手入れ方法は、「定期的に風通しの良い場所で陰干しすること」です。

また、汚れてしまった場合は、薄めた中性洗剤を使って固く絞ったクロスで汚れをキレイにしてください。

このようなお手入れを定期的にする必要があるため、洗濯ができないのは最大のデメリットと言えるでしょう。

寝返りが打ちづらい
次にアナウンスするブレインスリープピローを使用するデメリットは、寝返りが打ちづらいことです。

なぜなら、ブレインスリープピローは、首元にフィットしてしまうがゆえに頭が沈み込んでしまうからです。

例えば、寝返りの数があまりに少ないと身体の疲れが残りやすくなってしまうかも知れないのです。

ですので、寝返りが打ちづらいことはデメリットからだと考えられます。

ブレインスリープピローは正しい使い方をする

睡眠の質が向上すると期待されているブレインスリープピロー。

そんなブレインスリープピローですが、正しい使い方をしなければ効果を得ることができません。

そこで、ブレインスリープピローの正しい使い方として、以下の3つが挙げられます。

枕の基本的な使い方を守る
髪の毛を濡らした状態で枕を使わない
枕カバーや枕パッドを使用する
これからは、それぞれの正しい使用方法についてあちらこちら紹介していきます。

枕の基本的な使い方を守る
ブレインスリープピローの最も正しいやり方として挙げられるのは、枕の基本的な使い方を守ることです。

なぜなら、間違った枕の使い方にトライすることで、肩こりなどの原因になり兼ねないからです。

例えば、ブレインスリープピローのデザインとして最も多いのが、大小2つの山で開発されている枕です。

その枕の場合は、アップしている方を自分の方に向けて吸収すれば快適に眠ることができます。

しかし、枕によって外形もそれぞれですよね。

そのため、自分が持っている枕の正しい向きをしっかりとマスターをして使いましょう。

このように、枕の基本的な使い方を守ることが大切です。

ヘアを濡らした状態で枕を使わない
正しい枕の使い方として、髪の毛を濡らしたあとでブレインスリープピローの使用はオススメできません。

なぜなら、ブレインスリープピローは、ウレタンフォームと呼ばれる水に弱い素材で作られているからです。

また、ウレタンフォームは、水で濡らしたり湿気がふさがったりするかたわらでカビが生えてしまいます。

そのため、毛髪を濡らしたままブレインスリープピローを使わないでください。

枕カバーや枕パッドを使用する
正しい枕の使い方として、枕カバーや枕パッドを使用してください。

なぜなら、ブレインスリープピローは洗濯をすることができないからです。

仮に、枕カバーや枕パッドを使用しておけば、汚染してしまってもすぐに洗い流せます。

そのため、ブレインスリープピローには、枕カバーや枕パッドを使用しましょう。

枕やマットレスを少しでもいつまでも使用する方法!

テンピュールの枕やマットレスの寿命をいくらかでも長くできる使い方があるので紹介します。

それは、以下の3つです。

両面を使う
敷きパッドを敷く
定期的にしっかり干す
まず、マットレスも枕も裏表を逆にして、サイクルして使いましょう。

そうすることで、片方だけに圧力をかけ続けてへたらせる…という実態をあまり防ぐことができます。

 

また、画像でもわかる様に敷きパッドをマットレスの上に敷くことによって、寝汗があまりマットレス本体に染み込まなくなります。

特に、人間は一晩でコップ2杯分の汗をかくそうだので、薄いシーツだけでは汗を全て吸い確保することができません。

結果的にブレインスリープピロー本体に汗が染み込んでしまい、痛めてしまいます。

寿命が短くなりますし、耐久性も低くなるので、そうならないようにもマットレスパッドを上に敷きましょう。

また、定期的に枕もマットレスも干さないと、うるおい感がたまってしまいます。

湿気がたまるとカビが生えやすいですし、ダニも住み着きやすいです。

何よりも薄汚くてすし、ブレインスリープピロー本体も害してしまうので、しっかり風通しの良い場所で干しましょう。

最低でも1週間に一度はブレインスリープピローや枕を干したいですね。

まとめ
ブレインスリープピローや枕も、そこまで寿命が短いわけではありません。

ただ、一般的なマットレス・枕と比べて値段が高いことを考えると、決してコストパフォーマンスがいいわけではありません。

特にマットレスであれば、もっとコスパが良くて寝心地の良いものはたくさんあります。

テンピュールよりも、肩こりや腰痛対策としても使えるモットンや雲のやすらぎ、エムリリーマットレスなんかの方がいいかもしれませんね。

以下でマットレスおすすめランキングを紹介しているので、愛しい方は読んでみるといいでしょう。

耐久性に関してもバッチリなマットレスを紹介しているので、後悔しないまますみますよ(^^)

ブレインスリープピローの本音の口コミ|良い評価VS悪い評価